川越でおすすめのスポット情報

東京都内からもアクセスにも便利な川越市内では、いろんなおすすめスポットがあります。
川越に暮らしている人も知らなかった人気のおすすめスポットを一挙に紹介していこうと思います。
まずは、川越の簡単な紹介をしておこうと思います。
埼玉県川越市は、埼玉県の南西部に位置する都市で、さいたま市、川口市の次に埼玉県内で人口が多い市町村です。
近年では観光事業に力を入れていて、川越は小江戸と呼ばれることもある、古い蔵作りの町並みをそのまま保存した地区もあり、日本国内からの観光客だけではなく、海外からも川越へ訪れる旅行者が増えています。
東京都内からアクセスが便利という立地もあって、ちょっと小旅行をするのなら適した観光地といえるでしょう。

川越が都内へのアクセス抜群で年々人気エリアになっている!

みなさんは川越と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?
芋ソフト・酒蔵・小江戸情景など様々な定番が思い付きますよね。
しかし、実は都内へのアクセスも良く住みやすい町でもあるんです。
池袋まで東部東上線で快速で31分という近さなので、都内通勤する方も大勢います。
又、東京都と隣接していますが、埼玉県なので家賃の物価も下がり人気エリアです。
川越は埼玉県最大の都市大宮へもとてもアクセス良好な場所です。
23分で大宮に到着しますので、大宮でも、都内でも通勤には便利な場所です。
子育て世代が川越に関心を集めています。
川越も観光エリアを少し離れれば、緑豊かな自然があります。
川遊びや、子育て支援にも川越市は積極的ですから、地域のケアルームに行くと子育て支援団体の姿が見れるはずです。
1人暮らしの大学生も多く住んでいます。川越付近には多数の
大学が存在し、駅前を除けばリーズナブルな家賃で住む事もできます。
商店街は地元の人で溢れ、安くて美味しい商品が手に入ります。
こんな魅力あふれる川越は県外からも住む人が多く、埼玉では人気エリアとして、雑誌に紹介されています。
観光地のイメージがありますが、住むという選択でも期待に応える川越は今後益々人気になるでしょう。

川越で一人暮らしをするメリット

川越で一人暮らしをしようかと検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
川越は、住みやすいと言うことでも知られていて、特に周辺で一人暮らしを考えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、川越の住みやすさですが、まず東武東上線沿線、そして池袋まで約30分でアクセスが可能であるなど、大変交通の利便性が良いのもメリットであると言えるでしょう。このため、都心で働いている方にも便利デメリットが大きいと言えます。
また、川越の駅周辺には、買い物環境などが非常に充実していて、さらに飲食店、そして娯楽施設なども豊富にあります。適度に都会で楽しく生活をしたいという方には、魅力があるエリアであると言えるでしょう。さらに、緑も多く、自然もまだまだありますので、穏やかな住宅街でのんびりと暮らすことが出来ます。車の往来が激しい場所もありますが、それでも一人暮らしをするのには、快適な環境であると言えるでしょう。
どちらかといえば新しい町並みですし、繁華街も多いので、若者の一人暮らしには、さらに最適であると言えます。
特に、西口の住宅街は治安が良いとされているので、女性の一人暮らしにも最適であると言えるでしょう。

日常を忘れて小江戸川越の雰囲気を楽しみましょう

非日常的な雰囲気の街で観光をしながら、食べ歩きして楽しみたいという方に川越はおすすめの観光地です。小江戸と言われる蔵造りの街並みがずらっと並び、情緒あふれる昭和のレトロな雰囲気を存分に楽しむことが出来ます。
川越で有名な食べ物といえば、サツマイモやうなぎが挙げられます。蔵造り街並みを歩いているとサツマイモを使った定食を出しているお店や全国でも有名なうなぎ屋が沢山ありたくさんの人々が川越を訪れています。
食べ歩きでは、サツマイモチップスやねこまんま焼きおにぎり(焼きおにぎりに鰹節をたっぷりかけたもの)が人気になっていて行列が出来ています。
また近年、外国人の観光客が凄く増えていて1年間で700万人を超えるまでに増加しています。小江戸の雰囲気を楽しめるように着物をレンタルで借りることが出来るお店が外国人に人気になっています。また、日本にしかない景色をカメラで写真を撮りに来る方が増えています。今後はオリンピックなどのイベントがあるのでもっと外国人観光客が増えるのではないでしょうか。
小江戸の雰囲気を味わいながら食べ歩きをして色々なお店をゆっくりと見て回る事で、日常を忘れて最高にリラックスできるでしょう。是非一度、川越に訪れてみてはいかがでしょうか。